• facebook
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求

KIARA RESORT & SPA HAMANAKO

お問い合わせはこちら TEL:053-528-0130
News
News

News新着情報

食養生コーディネーターによるコラム:太陽の養生

2016年08月23日

太陽と共に目覚め、朝日を食べる。

生命にとって、何よりも重要であり絶対的なものが太陽です。

太陽の光という恩恵を正しく受けない限り、他の健康法を実践することに意味はないと言い切れます。

太陽共に暮らし、自然の摂理にかなった生活を心がけましょう。

人の持つ体内時計は25時間周期です。人は光も音も遮断された洞窟のような暗闇で生活していると

一日が25時間周期で寝起きを繰り返すようになることをドイツのアショフ教授が発見し、

これを内的時計としました。地球上に住んでいる限り人は、太陽の運行からなる一日24時間をいう概日周期と、

遺伝的に備わった25時間という体内時計で毎日ずれが生じます。

このずれを毎朝、太陽を浴びることで調整しているのです。

そして、健康を考慮するのであれば、できる限り太陽をいっぱい浴びた露地栽培のものを選び、

間接的に太陽を食べることを心がけたい。よって、すぐにでも始められる実践法としては…

 

①毎朝、朝日を30分以上浴びる

②二度寝をせずに毎朝同じ時間に起きる

③可能な限り毎朝同じ時間に食事をする

④直射日光で育った露地野菜を食べる

 

これらができるようになれば 浜名湖養生5大要素の「太陽」の養生の習得です。

Support Staffサポートスタッフ

日本食養生協会認定
食養生コーディネーター/温シェルジュ

浅倉 康介
KOUSUKE ASAKURA
朝餉
日本食養生協会認定
食養生コーディネーター/温シェルジュ

浅倉 康介
KOUSUKE ASAKURA

2005年「温シェルジュ」(NPO AMIC認定)の資格を取得。その後、食事療法士・辻野将之氏と出会い、2015年2月に「食養生コーディネーター」
日本食事療法士協会認定資格)の資格を取得。辻之氏のアシスタント的存在として「浜名湖養生」や「WellA」のセミナーを担当。
東洋医学の概念を基軸とした心身のバランスを根本から整えていく養生法や、温浴施設での体操や入浴など、リゾートホテルで健康になる旅行のアドバイスをしている。

ページトップへ