• facebook
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求

KIARA RESORT & SPA HAMANAKO

お問い合わせはこちら TEL:053-528-0130
News
News

News新着情報

食養生コーディネーターによるコラム:東洋医学から学ぶ「病になる3つの要因」

2017年10月11日

東洋医学において病になる要因は3つあります。

1つ目は内因、2つ目は外因、そして3つ目は不内外因。

その中でも近年、急速に変化しつつあるのが、3つ目の不内外因です。

不内外因というのは、内因にも外因にも属さない病気の原因で、飲食の量と質の過不足、労働・休養の過不足、外傷などで心身に影響を及ぼす事柄です。特に、私たちの最も身近にある日用品においては、日々変化しているといっても過言ではありません。

食品などを買うときは成分表示や産地を気にするのに、シャンプーやボディソープの成分表示は気にしないですよね?

ですが、実はここが結構重要なポイントなのです。

人は、腸・食道・胃などの器官以外でもさまざまな物質を吸収しています。皮膚もそのうちのひとつ。手のひらの吸収率を1とした場合、頭皮では約3.5倍、額では約6.5倍、陰部では約42倍の吸収率があるといわれています。だとすれば、日用品にも気を配り、どんなものでも確認し理解して使うことが重要だと分かります。

こういった健康に関する様々なことを、定期セミナーでさらに詳しくお話ししていきますので、ぜひご参加ください。

【次回 食養生無料セミナーのお知らせ】

2017年11月12日(日)14:00~15:30

テーマ:「メタボ予防の秘訣」

会場:KIARAリゾート&スパ浜名湖リバージュ

講師:食養生コーディネーター  浅倉康介


プロフィール:食養生コーディネーター  浅倉康介
2005年「温シェルジュ」(NPO AMIC認定)の資格を取得。その後、食事療法士・辻野将之氏と出会い、2015年2月に「食養生コーディネーター」日本食事療法士協会認定資格)の資格を取得。辻之氏のアシスタント的存在として「浜名湖養生」や「WellA」のセミナーを担当。東洋医学の概念を基軸とした心身のバランスを根本から整えていく養生法や、温浴施設での体操や入浴など、リゾートホテルで健康になる旅行のアドバイスをしている。

 

ページトップへ